ジョー・ファイファー、UFC初黒星の理由を語る。

ジョー・ファイファー、UFC初黒星の理由を語る

ジャック・ヘルマンソン戦でUFC旗揚げ初黒星を喫したジョー・ファイファーが、3R、何倍ものアンダードッグとしてオクタゴンに入った相手が主導権を握り、勝利を収めた時のことを説明した。

「このアメリカ人ミドル級選手は、ソーシャルメディアに「顔はこんな感じだけど、元気だよ。「ショックはなかった。目を殴られて見えなくなった。視力を失った時点でラウンドを失い、立ち上がることもできなかった。そして彼は私を動かして、パーテルでいい仕事をした。”

“だから、私の嫌いな人たちへ-太った***をしゃぶれ。とにかく、僕はここにいるべきじゃなかったんだ。調整してまた戻ってくる。スポンサーのみなさん、応援してくれるみなさん、ありがとう。そして、よくやった、ジャック!”

ラスベガスで開催されたUFC Fight Night 236のヘッドライナーを飾ったミドル級戦は、フルディスタンスにもつれ込み、48-47の3ラウンド全会一致判定でスウェーデン系ノルウェー人ファイターの勝利に終わった。

ジョー・ペイファーは、UFCで初期に3勝を挙げたことがあり、パンチパワーシュミレーターでフランシス・ンガヌーが作った記録を3回破ったと噂されていた。

評価