イスラム・マハチェフ、UFCでの次戦の条件を明言

イスラム・マハチェフ、UFCでの次戦の日程を明言

先週末、アブダビで開催されたUFC294でアレキサンダー・ヴォルカノフスキーをKOしたUFCライト級王者イスラム・マハチェフがロシアに帰国し、マハチカラの空港で出迎えた記者たちからの急な質問に答えた。

特にこのロシア人は、最短で4カ月でオクタゴンに復帰できると語った。

「ラマダンに最も近い大会は3月上旬になるだろう。「今のところ、この話題についてコミュニケーションはとっていない。年末にラスベガスに行く予定だが、そのときに経営陣と話し合いたい」と語った。

UFC王者はまた、UFCのP4Pランキングで2位となり、階級を問わずトップファイター・ランキングでジョン・ジョーンズを首位から陥落させることができなかったというニュースについてもコメントした。

「誰が何のためにこのランキングを作っているのか、僕には分からない。以前、P4P1位を倒したことがあるけど、1位にはしてもらえなかった。だから、何も驚くことはない。たぶん、彼らには彼らなりの利益があるんだろう。ジョーンズの試合があるから、彼をもっと揺さぶりたいとか、そういうことかもしれない。それ以外に1位になる方法を僕は知らない。1位を倒しても1位になれないのなら、そこにどんな道があるのかまったくわからない」。

ロシア人ファイターによれば、オーストラリア人との対決は3部作になることはないという。

「そう、ポイントは決まっている。これ以上戦う意味はない。彼と私はカフェで偶然出会い、誰かが視線のバトルを提案し、彼自身が『もういい、もう十分だ!』と言った。そう、もう間違いなく終わったんだ。”

イスラム・マハチェフの次の対戦相手は、UFCライト級ランキング1位のブラジルのチャールズ・オリベイラになりそうだ。

評価