vRINGe の評価が更新されました: Bivol が Beterbiev を追い抜き、Dalakyan がポジションを改善しました

vringe-rating-updated-bivol-overtook-beterbiev-dalakyan-improved-positions-jpg

当社のウェブサイトの「評価」セクションでは、トップ 10 が毎週変更されます によると vRINGe.com.

次の部門で変更が行われました。

  • – 軽い重い;
  • – 2 番目のフェザー級;
  • – 2 番目に簡単です。
  • – 最も簡単;
  • – 最初が最も簡単です。

ライトヘビー級(79.4kgまで)

Dミトリ・ビボル (ロシア/キルギスタン) 敗北後 ジルベルト・ラミレス (メキシコ)が2位から1位に上昇


ボクサー・オブ・ザ・イヤー。 ビボルがラミレスに勝利 – このイベントに関する私たちのレポート


アーサー・ベテルビエフ (ロシア・カナダ)が1位から2位に転落

パドレイグ・マクローリー (アイルランド/イギリス) が 8 位から 7 位に上昇

ジルベルト・ラミレス (メキシコ) 7位から8位に転落

セカンドフェザー級(59kgまで)

シャフカチョン・ラヒモフ (タジキスタン) 敗北後 ゼルファ・バレット (イギリス) ランクが 5 から 2 に上がりました

シャクール・スティーブンソン (アメリカ)が2位から3位に転落

オスカー・バルデス (メキシコ) 3位から4位に転落

ジョー・コーディナ (イギリス) 4位から5位に転落

クリス・コルバート (アメリカ)が9位から8位に浮上

ゼルファ・バレット (イギリス) 8位から9位に転落

セカンドフライ級(52.2kgまで)

中谷順人 (日本) ディビジョンを変更し、敗北した後 フランシスコ・ロドリゲスオーム (メキシコ)がトップ10に入り、6位にランクイン

アンドリュー・モロニー (オーストラリア) 6位から7位に転落

田中公生 (日本) 7位から8位に転落

フリオ・セザール・マルティネス (メキシコ) 8位から9位に転落

デビッド・クエラー (メキシコ) 9位から10位に転落

フランシスコ・ロドリゲス 10位だった(メキシコ)がトップ10を残した

フライ級(50.8kgまで)

中谷順人 2位を占めていた(日本)はディビジョン変更によりトップ10から脱落

アルチョム・ダラキャン (ウクライナ)が3位から2位に浮上

デビッド・ヒメネス (コスタリカ)が4位から3位に上昇

矢吹正道 (日本)が5位から4位に浮上

マクウィリアムズ・アロヨ (プエルトリコ)が6位から5位に上昇

リカルド・サンドヴァル (アメリカ)が7位から6位に浮上

エンジェル・アヤラ (メキシコ)は8位から7位に上昇

フェリックス・アルバラード (ニカラグア)が9位から8位に上昇

ムハンマド・ワシム (パキスタン) 10位から9位に上昇

クリスチャン・ゴンザレス (メキシコ)がトップ10に入り、10位にランクイン

フライ級(49kgまで)

ケン・シロ (日本) 敗北後 京口 博人 (日本)が2位から1位に浮上

ジョナサン・ゴンザレス (プエルトリコ)敗北後 岩手小吉おー (日本)が3位から2位に上昇

シベナティ・ノンシンガ (南アフリカ)が4位から3位に浮上

京口 博人 (日本) 1位から4位に転落

岩田章吉 9位の(日本)がトップ10を残した

ヘクター・フローレス (メキシコ) 10位から9位に上昇

ヌランラ・ティルハ (南アフリカ)がトップ10に入り10位に

すべての評価

vRINGeによるトップ10

ポンド・フォー・ポンドの評価

評価基準:
1) 1 位は現チャンピオンが占める。
2) ファイターは、最後の試合を行った部門の場所を占めます (別のカテゴリーのチャンピオンであっても) が、以前の体重でのパフォーマンス (対戦相手のレベル、勝利の質) が考慮されます。
3) 評価の優先順位 – 過去 3 年間の結果。
4) 戦闘機が低活動 (12 か月以上戦闘なし) のためにトップ 10 を離れた。
5) 評価は、現在の結果に応じて毎週更新されます。

.

評価