UFC王者ジョン・ジョーンズがコメディアンのパフォーマンスを妨害

UFC王者ジョン・ジョーンズ、コメディアンのパフォーマンスを妨害

現在オーストラリアに滞在中のUFCヘビー級王者ジョン・ジョーンズが、先週ロサンゼルスでスタンダップ・コメディアンのパフォーマンスを妨害した。

この動画は、コメディアンのデフ・ヌードルズが自身のYoutubeチャンネルに投稿したもので、ジョーンズはショーに出演していたコメディアンが十分に面白くなかったと主張し、パフォーマンスを中断させた。

UFCチャンピオンとコメディアンの口論は5分ほど続き、その後、コメディアンはステージを去った。

2021年、ジョン・ジョーンズは、脳がアルコールに対応できなくなったため、永久に禁酒することを公に発表した。

“私はアルコールを摂取するためにあまりにも多くのトラウマを持っている – 私の脳はもうそれを扱うことができないので、私は永久に飲酒をやめる “とファイターはソーシャルメディアに書き込んだ。「この悪夢を人生で最高の出来事に変える。今こそ、これまで以上に頑張る時だ。悪魔にとっては悪でも、主にとっては善。サドルに戻る”

しかし、昨年の夏、このアメリカ人ファイターは元BMFタイトル保持者のホルヘ・マスヴィダルと酒を飲んでいるところを目撃されている。

公式発表によると、ジョン・ジョーンズは現在2度の手術から回復中で、年内にスティープ・ミオシッチを相手にタイトル防衛戦を行う予定だという。

評価