UFCがクセラバ×リンス戦中止を説明

UFCがクセラバ×リンス戦中止を説明

UFCのダナ・ホワイトCEOが、先週末のUFC Fight Night 229の前座カードでヘッドライナーを務める予定だったイオン・クセラバとフィリペ・リンスのバンタム級戦が、文字通り直前になってキャンセルされた理由を説明した。

同団体の責任者によれば、ブラジリアンが体調不良を理由にモルドバ代表との対戦を拒否したとのこと。

「リンスは体調不良を感じていた。「我々は医師を派遣し、診察し、何か薬を飲ませたが、彼はまだ具合が悪いと言ったので、試合はキャンセルされた。彼が決めたことだ。我々はクセラバに報酬を支払った”

ホワイトは、試合が再スケジュールされるのか、ファイターが新たな対戦相手を得るのかについては明言しなかった。

フィリペ・リンス(38)は3連勝中で、前回の試合ではロシアのマキシム・グリシンに判定勝ち。

イオン・クセラバ(29)は今年4月、タナー・ボーザーを1ラウンド・テクニカル・ノックアウトで下し、3連敗からキャリアを回復させた。

現在、両者ともUFCバンタム級トップ15にはランクされていない。

評価