タイソン・フューリー、記者会見でアレクサンダー・ウシクを攻撃

タイソン・フューリー、記者会見でアレクサンダー・ウシクを攻撃

2月17日にサウジアラビアの首都リヤドで開催されるボクシングのヘビー級絶対王者決定戦に出場するタイソン・フューリーとアレクサンダー・ウシクが記者会見に臨んだ。

「ロンドンでの記者会見で、フューリーは「未来のヘビー級無差別級チャンピオンのリングへようこそ。「何を言ってもノックアウトされるだけだ。

「ウクライナのベルトは全部取ったから、このリングのベルトも全部取ってやる。このチビをバラバラに切り刻んでやる。史上最高の英国ヘビー級選手と戦うんだ。他のみんなには勝ったけど、タイソン・フューリーには勝てない。もしいきなり勝ったら、目を覚ましてすぐに謝るべきだよ。ちなみに、このフレーズはモハメド・アリから盗んだんだ、ハハハ”

“私は文句なしの世界チャンピオンになる運命にあり、この時代で最も偉大なヘビー級選手としての遺産を固める。そのためには、このチビを倒せばいい、それだけだ。2月17日に彼を打ちのめすつもりだ、安心してくれ。”

“ここに来れてうれしいです、みなさんどうもありがとうございました。リングの上でもっと話します」とウシクは答えた。「そう、僕は小柄だけど、大きなチャンピオンなんだ。聖書のダビデとゴリアテの物語をタイソンに思い出させたい–主が私の手に与えられたら、私は自分の仕事をする”

言葉による口論で心理的に高揚した英国人は、睨み合いの攻防で相手にプレッシャーをかけ続け、警備員が介入して2人を引き離すのを余儀なくされた。

当初は12月23日に予定されていたヘビー級戦だが、3週間前に “ジプシー・キング “がフランシス・ンガヌーに辛うじてスプリット判定勝ちを収め、その過程で彼をノックダウンさせたため、英国チームは回復と次の試合への準備に時間が必要だという。

タイソン・フューリーは昨年12月、デレック・チソラを10ラウンドでノックアウトし、WBCタイトルを防衛したのが最後で、アレクサンダー・ウシクは8月、ダニエル・デュボアを9ラウンドでノックアウトし、WBA、IBF、WBO、IBOタイトルの防衛に成功した。

評価