イスラム・マハチェフがUFCに来年の予定を通告

イスラム・マハチェフ、UFCに来年の予定を通知

UFCライト級チャンピオンのイスラム・マハチェフが、来年3月10日から4月9日まで行われるラマダン(断食月)前に再びタイトル防衛戦を行いたいと、世界最強リーグに正式に伝えた。

「私はすでにUFCにラマダン前に戦う準備ができていると伝えている」とロシア人ファイターはMatch TVに語った。「2024年に3試合、そのうち1試合はアメリカで戦いたい。ビザはあるし、拒否されたこともない。トレーニングをして、常に体調を整え、マネージメントからの連絡を待つつもりだ。

マハチェフと対戦する可能性が高いのは、ブラジルのチャールズ・オリベイラとアメリカのジャスティン・ゲスジェだが、ロシア人はどちらもタイトルの明確なコンテンダーとは考えていない。

“タイトルマッチにふさわしい相手は100%いない。私は以前、チャールズ・オリベイラに勝ったことがある-私はそう思うし、最初の試合の後、疑問はなかった-そして、UFCは彼に再び再戦を与えることを計画している。ジャスティン・ゲスジェもいる。彼は2試合で見事に勝利している、そのことに異論はないが、私にはフライ級でダウンしているとしか思えない。何度ベルト獲得のチャンスがあり、何度ベルトを争ったことか。それが彼の限界だと思う」。

これとは別に、UFC王者は来年オクタゴンに復帰する予定のコナー・マクレガーとの対戦の可能性について語った。

「もし彼が復帰して、3、4試合に勝って、タイトルショットを獲得するのであれば、もちろんだ。でも、彼が連勝して戻ってきて、本当のコンテンダーを倒してナンバーワン・コンテンダーになれるとは思わない。UFCのマネージメントがそう言うのであれば、私はそれを受けるが、自分からその試合を要求することはない」。

10月21日、アブダビで開催されたUFC294で、イスラム・マハチェフがUFCフェザー級王座を保持するオーストラリア人アレクサンダー・ヴォルカノフスキーを1Rでノックアウトし、2度目の防衛に成功した。

評価