Deiveson Figueredoがショーン・オマリーにメッセージを残した。

Deiveson Figueredoがショーン・オマリーへのメッセージを残しています。

元UFCフライ級王者デイブソン・フィゲレドは、オースティンで開催されたUFC on ESPN 52で同団体ライト級デビューに成功し、米国人ショーン・オマリーと対戦するだけでなく、現王者に早い段階で勝利を収めることができると自信を見せている。

「ショーン・オマリーは素晴らしいパンチャーだが、私は自分のチームと戦略を信じている。「でも、僕は自分のチームと戦略を信じている。僕はグラップラーだけど、柔術を使うのはあまり好きじゃない。僕はスタンドファイトが好きだし、グラップリングが大好きなんだ。間違いなく、ショーン・オマリーとはいい試合ができると思う。もし僕が彼と戦って、グラウンドになったら、彼を仕留めるよ」。

ライト級ランキング8位のロブ・フォントに判定で圧勝したフィゲレドは、次戦ではチャンピオンベルトをかけて戦う構えだ。

「僕は元チャンピオンだから、タイトルマッチを組まれるなら準備はできている。信じられないようなファイターが集まった下の階級でチャンピオンになったんだ。私はそれに値することを証明した。ロブはこの階級でベストの一人だし、自分を試してみたかった。もしタイトルマッチがあれば、それを受けるよ」。

8月にアルジャメイン・スターリングからベルトを奪取したショーン・オマリーは、3月9日のUFC299で王座初防衛戦を行い、対戦相手は同級6位のマルロン・ヴェラに決定している。

Rating