ボビー・グリーンは敗戦後に声明を発表した。

ボビー・グリーンが敗戦後に声明を発表

同門のジャリン・ターナーを相手に大敗を喫したアメリカ・ライト級のボビー・グリーンが、急遽試合を引き受けた対戦相手を称えるとともに、今後のプランについて声明を発表した。

「勝つこともあれば、負けることもある。「私は、勝つときは本物のギャングスターになり、負けるときはギャングスターであり続けなければならないということを人々に示したい。

“ジャリンに賞賛を送りたい。本当に良かった。君が急遽試合を引き受けて、成功したことはとても意味のあることだ。これは、浮き沈みの激しい僕のキャリアの新たな一歩に過ぎない。僕は進み続けるし、どこにも行かない。”

なお、UFC on ESPN 52のメインイベント第2試合として行われたボビー・グリーン対ジャリン・ターナーの一戦は、1R2分49秒、レフェリーのケリー・ハットリーがなぜか必要以上に遅れて試合をストップしたため、ターナーは相手の頭に10発ほどパンチを追加し、意識を失った。

評価