アルマン・ツァルキアン、ボビー・グリーンの敗戦に反応

ボビー・グリーンの敗戦に反応するアルマン・ツァルキアン

UFC on ESPN 52のメインイベントでベニル・ダリューシュを64秒でノックアウトしたアルマン・ツァルキヤンが、大会前に因縁のあったボビー・グリーンの惨敗についてコメントした。

「彼は僕のことをいろいろ言っていたから、僕は彼に近づいて言ったんだ。これ以上続けるなら、会って話し合う必要がある』と言ったんだ。「その後、彼は私を突き飛ばし、私も彼を突き飛ばした。もう二度と彼に会わないことを願っている。彼の頭がキャンバスに突き刺さったとき、私は超うれしかった」。

ボビー・グリーン対ジャリン・ターナーの試合は、今大会2番目に重要なイベントだったが、1ラウンド2分49秒、グリーンのノックアウト負けで終了。レフェリーのケリー・ハットリーがなぜか慌てて試合を止めなかったため、ターナーは相手の頭に12発ほどパンチを追加し、気絶する前にノックアウトすることができた。

UFCのトップであるダナ・ホワイトは、イベント後、自分の人生で見た最悪のストップの一つであったと述べた。

評価