アレックス・ヴォルカノフスキーがイライジャ・トプリアに残した訓話

アレックス・ヴォルカノフスキーがイライジャ・トプリアに残した訓話

UFCフェザー級王者アレキサンダー・ヴォルカノフスキーは、イスラム・マハチェフ戦で早々に敗北を喫した後、イライジャ・トプリアとの対戦を心待ちにしている。

「そう、当初は1月に試合が予定されていたが、早すぎると思ったんだ。「私たちはすべてのプロトコルに従い、すべてを正しく行いたい。2月は完璧なタイミングだと思う。2月は完璧なタイミングだと思う。

「イライジャはパワフルな男で、あらゆる面で優れている。彼は多才なファイターだが、私は自分の技術と試合への理解を信じている。彼は若くてハングリーで、負けることを知らない。彼はとても自信家で、自信を持ちすぎているとさえ言える。

「彼はパワフルな男で、ボクシングが大好きだ。彼は自信を持って試合に臨むだろう。おそらく、最近の私のパフォーマンスを見て、さらに自信を持つだろう。多くの人が “どんな試合になるんだろう?”と思っているけど、僕が長い間ウェルター級の王者であり続けた理由をみんなに見せるのが待ちきれないよ」。

なお、2月17日にはUFC298のヘッドライナーとして、アレックス・ヴォルカノフスキー×イライジャ・トプリアのフェザー級タイトルマッチが予定されているが、会場は未定。

評価