頭を殴られるのは私です。あなたではありません。 もう戦いたくない-フューリー

1657485811_-jpg

WBC世界ヘビー級チャンピオンのタイソンフューリー(32-0-1、23 KO)は、次のように述べています。みんなと戦って、みんな倒れた」 したがって、彼はボクシングで彼がすることはこれ以上何もありません、そして不必要な危険に身をさらす必要はないと言います。

「誰もがイングランド北部の太った悪魔から落ちた」とフューリーは初めて理解しなかった人々のために繰り返した。

タイソンは、彼が引退するように促したのはデオンテイ・ワイルダーとの三部作であると付け加えた。

「彼の後、私は頭の後ろにこぶしほどの大きさのこぶしがありました。 脳震盪がありました。本当に何も覚えていませんでした。 「私は何回倒れたのか、4回?」と思いました。 その後、私はこう思いました。「それで、それを結ぶ時が来ました」とブリトン人は太陽に語った。

ラーマン:ウシクはフューリーが引退するのを見る

チャンピオンによると、人は常に少なく、「まあ、もう一回、二回」と言う人が必ずいるそうです。

「しかし、これらを聞いたら、車椅子に乗って、「あと4回の戦いがあり、脳に損傷を与えた」と皮肉なことに怒り狂う。 -あなたではなく、これらすべての巨人が頭を打っているのは私です…私は真面目です、人々。 十分な量があり、もう戦いたくない」と語った。

確かに。 ここでタイソンの失敗した対戦相手はこれを言いました:「フューリーはWBCベルトを与えましたか? では、彼はどのような年金について話しているのでしょうか?」 そして、ブリトン人自身は週に7回の金曜日を持っています:彼は実際にカムバックを交渉しています。

ボクシングと総合格闘技の世界からの最も興味深いニュースを見逃さないために、で私たちを購読してください
フェイスブック
グーグルニュース

評価