新しい世界チャンピオンが誕生しました! しかもフィリピン出身

we-have-a-new-world-champion-and-hes-from-the-jpg

エディオンアリーナ、大阪、日本。 ショーのメイン イベントでは、地元の WBO 最小体重チャンピオン (最大 47.6 kg) の谷口正孝 (16-4、11 KO) が、フィリピン人の元チャレンジャー、メルビン “グリンゴ” エルサレム (20-2, 12 KO) にノックアウトで負けました。 KO)。 ゲストにとって、それは彼のキャリアの中で2回目のアウェイマッチでした. 最初に、彼は薄いWBCチャンピオンのWanheng Menayothin に敗れました。

素晴らしい開始ラウンド。 左利きのチャンピオンは、積極的に、しかしゆっくりと、より機動性の高い挑戦者を押しつぶし、ロープで彼を挟みました. エルサレムはよくシュートし、動きは良かったが、攻撃力では谷口に劣っていた。 チャンピオンの 3 分間の最高のエピソード – ロープがなければ、フィリピン人はフロアにいたかもしれません。

ブライミー! 第2ラウンド、日本人は右ストレートラインにぶつかり、床に落ちました。 そして谷口は致命的なミスを犯した。 彼はすぐに立ち上がったが、彼らは彼を失望させた-いくつかの転倒、酔った散歩、そして審判は戦いを止めることを余儀なくされた。

@ABEMA https://t.co/SQcBKDXJqE #3150ファイト #あけましておめでとうございますボクシング pic.twitter.com/kERRbdoTJE

— wynn3939114 (@wynn3939114) 2023 年 1 月 6 日

2 回目の挑戦で、エルサレムが世界チャンピオンになりました。 今日は日本人じゃない! そして今年初の番狂わせも!

エルサレム TKO 2。彼はフィリピンからの唯一の現世界チャンピオンです。

ソース: https://vringe.com/news/161679-u-nas-novyy-chempion-mira-i-on-iz-filippin.htm?rand=141343

評価