井上再戦前のドネア:「私は最高だ」

donaire-infor-inoue-revansen-jag-ar-bast-jpg

バンタム級(最大53.5 kg)のWBC世界チャンピオンノニトドネア(42-6、28 KO)は、犯罪者との再戦の前夜に、WBAとIBFのベルトの所有者である井上直哉(22-0、19 KOs)-彼は「彼のキャリア全体の最高の動機」。

「私はとても、とてもやる気があります。 井上はこの部門で最高のファイターだと思うし、それを打ち負かしたときに自分に言いたいことだ」と語った。 「今の私の頭の中で唯一のことは、私が誰もが認めるチャンピオンになるということです。 私はこれについて瞑想します。 私が最高だと。」

ノニトは、彼らが今日の戦いのためにパンチンググローブを選んだことを喜んでいます。

井上-ドネア2:腹を立てたパンツから伝説のステータスまで

戦いは本日6月7日に日本のさいたまスーパーアリーナで行われます。 2019年11月の最初の戦いは、井上がポイントで勝利して終了しました。

井上直哉-ノニトドネア2:6月7日の戦いの予報

評価