ワイルダー: ウシクの言葉は耳に心地よい

wilder-usyks-words-are-music-to-my-ears-jpg

昨日、元ヘビー級チャンピオンのアメリカ人パンチャー、デオンテイ ワイルダー (42-2-1、41 KO) が公開トレーニング セッションを開催し、その後メディアからの質問に答えました – 10 月 15 日にブルックリン (米国ニューヨーク) で彼はフィンランド出身のベテラン、ロバート・ヘレニウス (31-3、20 KO)。

パンチャーは、最近ワイルダーと戦いたいと表明した現在の統一世界チャンピオン、ウクライナのオレクサンドル ウシク (20 勝 0 敗、13 KO) の言葉についてコメントするよう求められました。

いつものように雄弁に
答え デオンテア:「彼の言葉は私の耳にとって音楽です。 ウシクはまともな人であるだけでなく、彼の言葉を守る人でもあると思います。 だから私はビジネスをしています。 しかし、それは私がすでにロバートの背中を狙っているという意味ではありません. 私たちの戦いの間にUsykがアリーナにいることを嬉しく思います. 彼の申し出は私にとって祝福のようなものです。 はい、彼はタイトルの試みで私を祝福します. 私が以前にディビジョン統治中にタイトルショットで多くの人を祝福したのと同じように. 信じられない感覚です。」

ワイルダーは最初にヘレニウスとの関係を整理したいと考えている。すぐに同意し、他のすべてのオファーを破棄します。

そして、ワイルダーはプロモーターのエディ・ハーンに適切に対応しました (マッチルームボクシング)、デオンテイがウシクに対してラウンドに勝てないと信じている人:「これは正常です。 誰もが自分の意見を持っています。 そして、私は彼を黙らせることはできません。 しかし、ウシクが最近彼のファイターであるアンソニー・ジョシュアを2回連続で倒したという理由だけで、彼がこれを言っている可能性があります。

以前、伝説のアンドレ・ウォードもハーンの言葉に笑った。 そして昨日、ウシクは「あと3試合しか残っていない」と言った。

.

評価