ロバート・ウィテカーがブレンダン・アレンの挑戦に応えた

ロバート・ウィテカーがブレンダン・アレンの挑戦に答える

元UFCミドル級王者ロバート・ウィテカーは、先週末にナル・ポール・クレイグに勝利した後、挑戦してきた同級8位のブレンダン・アレンと戦う気はないという。

「試合後のインタビューで、彼は僕の名前を呼び、僕かキャノニアーとコンテンダーファイトをしたいと言った。「彼は今、10位だと思う。僕はマッチメイカーじゃないけど、ポール・クレイグはトップ10に入る選手じゃなかった。アレンはトップ10の誰かを追い抜かなければならないと思う。彼に仕事をさせれば、UFCはそれを評価するだろう。次の対戦相手が誰になるかは分からない。正直、どうでもいい。”

UFC Fight Night 232のヘッドライナーを飾ったブレンダン・アレンとポール・クレイグの一戦は、3R0分38秒、リアネイキドチョークでアメリカ人の勝利で幕を閉じた。

ロバート・ウィテカーが最後に戦ったのは今年7月、挑戦者決定戦でドリカス・デュプレシスに2Rにテクニカルノックアウトで敗れ、現在同階級のトップ3にランクされている。

評価