マハチェフ、ヴォルカノフスキーとの試合でのノックダウンを否定

マハチェフ、ヴォルカノフスキー戦でのノックダウンを否定

UFCライト級王者イスラム・マハチェフが、アレクサンダー・ヴォルカノフスキーとの初戦で5ラウンドのノックダウンを見逃し、ノックアウトされたとする公式統計に異論を唱えた。

「パンチはあったが、揺さぶられたとは言えない。あの瞬間、僕は立ち上がってパスしていたし、ビデオでは打撃からしゃがみ込んでいたようだ」とロシア人ファイターはチャンネルとのインタビューで語った。 “ウシャタイカ”.”あのときはちょうど足にパスが入ったところで、耳のあたりに打撃が来た。衝撃はよかったが、よろめいたり、打撲したりするほどではなかった。”

マハチェフはオーストラリア人選手との最終ラウンドでミスを犯したことを認めており、これによりヴォルカノフスキーと彼のファンは接戦を語り、全会一致のロシア人選手有利の判定に異議を唱えた。

僕のミスは、”僕は試合に勝っているんだから、リスクを冒す必要はない。それが一番の間違いだった。だからノックダウンとは言わないよ。彼がスイングするやいなや、僕はもう足をパスするために身を乗り出したんだ」。

なお、今週末にアブダビで開催されるUFC294では、イスラム・マハチェフとアレックス・ヴォルカノフスキーのタイトルマッチが組まれている。

評価