ヘイニー:「私を「メールチャンピオン」と呼んだ人は誰でも、やめろ!」

haney-alla-som-kallade-mig-postmastare-fan-jpg

昨日メルボルン(オーストラリア)で、アメリカのライト級デヴィン・ヘイニー(28-0、15 KO)は、地元の戦闘機ジョージ・カンボソス・ジュニア(20-1、10 KO)からすべてのタイトルを獲得し、部門の誰もが認めるチャンピオンになりました。


(c)ロマチェンコではないのは残念です —カンボソス対ヘイニーの戦いについて報告する


敗者は、契約に定められた復讐条項を利用する意向を直ちに発表した。
確かに勝者2回目の戦いの結果はまったく同じになるでしょう。 いいえ、チャンスはありません。 彼がさらに努力し、より多くのリスクを冒すことになると思います。 しかし勝つために…絶対にありません! 今、彼らは戦術的な開発にさらに力を注ぐだろうと思います。 しかし、彼が2回目の戦いで私に何を提供しても、私はその準備ができています。 彼はたくさん話します。 しかし、リングでは、彼は私にアクセントのある正確な打撃を1つも与えませんでした。

ヘイニーはまた、彼を「メールチャンピオン」と呼んでいたすべての嫌悪者に目を向けました。アメリカ人は戦いなしでWBCのタイトルを獲得しました。 しかし、私を疑ったすべての人にアピールしたいと思います。 できなかったと言ったすべての人に。 私を「メールチャンピオン」と呼んでくれたすべての人に。 おい、私は今、部門のイノシシです。 私は絶対的な世界チャンピオンです。 疑いはもうありませんし、あり得ません。 私のすべての嫌いな人に他に何を言うことができますか? 地獄に行け! 私はこの体重のイノシシです!」

プロモーターのボブ・アラムは、ヘイニーとロマチェンコの間でオールタイトルの戦いをしたいとすでに述べていますが、1つの問題があります。 興味深いことに、デヴィンの敗北後、カンボソスは記者会見で「記者を脅かした」。

ボクシングと総合格闘技の世界からの最も興味深いニュースを見逃さないために、で私たちを購読してください
フェイスブック
グーグルニュース

評価