プロスペクト「プリンセス」オラスカガと「ブロンコ」コントはどちらも早期勝利を収めています

prospects-princess-olasquaga-och-bronco-conto-far-bada-tidiga-vinster-jpg

セネカナイアガラリゾートアンドカジノ、ナイアガラフォールズ、ニューヨーク、米国。 夕方のメインイベントでは、軽量(最大61.2kg)
ウィルフレドフローレス (9-0-1、5 KO)プエルトリコと
ビクターベタンコートジュニア メキシコからの(27-4、14 KO)は、WBAフェデセントロのタイトルを目指して戦いました。 ベルトはプエルトリコに残った。

フローレスは戦いのほとんどを支配しました。 Betancourtは戦いを開始できず、第4ラウンドで戦いの密度を上げようとしました。 チャンピオンは伐採を受け入れました-第6ラウンドで、彼らは両方とも大胆な交換でファンを楽しませました。 Betancourtはオールインを試みましたが、それは別の素晴らしい最終ラウンドで終わりました。

審査員のスコア:99-91、97-93、98-92。

フローレスUD10。


また、夕方の一部として、無敗のフライ級アベニュー(最大50.8kg)が収束しました:
アンソニー「プリンセス」オラスカガ (4-0、2 KO)米国からノックアウト
グスタボペレスアルバレス (8-1、2 KO)メキシコから。

オラスクアガは攻撃的な最初の数字で戦いを始めました、彼はペレスの体に素晴らしい働きをしました。 彼はペースを保ち、一撃で一撃で反応し、対抗しようとした。 第5ラウンドでは、「プリンセス」がメキシコ人をロープでつまみました-彼はそれを素晴らしくしました。

より多くのペレスが第6ラウンドで飛んだ。 メキシコ人はノックダウンされましたが、ゴングまで持ちこたえました。 7日3分に彼は出てこなかった。

OlasquagaRTD6。


Parxカジノ、ベンセーラム、ペンシルベニア、米国。 ショーの一環として、地元のヘビー級の見通し(90.7kg以上)の戦闘機 いたずらへ ソニー「ブロンコ」コント(10-0、8 KO)は、第3ラウンドで同胞のジャーニーマンをノックアウトしました ジャスティン・ロルフ (7-4-1、5 KO)。

見込み客が左フックで2回続けてアンダードッグを打った後、一方的な試合は審判によって止められました。 トーゴは苦痛にひねられ、明らかに戦いを続けることができませんでした。

コントKO3。

評価