フューリーとナンヌーの試合は報道の何倍も成功した

フューリーとンガヌーの試合は報道の何倍も成功した

タイソン・フューリー対フランシス・ンガヌー戦は経済的に失敗だったという以前の報道とは裏腹に、このヘビー級ボクシングマッチは約50万ペイ・パー・ビューを売り上げた。

これは著名なスポーツジャーナリスト、アリエル・ヘルワニが報じたもので、彼は同僚のデイヴ・メルツァーの数字は不完全だとした。

“この試合は本当にアメリカで10万PPVの壁を破らなかったが、それはタイソンが最大のスターである英国のTNTスポーツボックスオフィスのプラットフォームで放送されたという事実を完全に無視している “とレポーターはMMAアワーの別のエディションの番組で述べた。また、カナダでの売り上げや、米国、英国、アイルランド以外のあらゆる場所で試合を放送したストリーミング・プラットフォーム『DAZN』の売り上げも無視されている。私の情報によれば、発表される総計は40万回のペイ・パー・ビュー放送で、私はさらに高くなると確信している”

10月28日にリヤドで行われたタイソン・フューリーとフランシス・ナンヌーの一戦は、全10ラウンドが行われ、スプリット判定で “ジプシー・キング “の勝利に終わった。

来年2月にはタイソン・フューリーがウクライナのアレクサンダー・ウシクを相手にボクシング世界ヘビー級王座獲得に挑み、フランシス・ンガヌーは早ければ12月にイギリスのデレック・チソラとリングを共にする可能性がある。

評価