デイブソン・フィゲレドはブランドン・モレノを人種差別で非難

デイブソン・フィゲレドはブランドン・モレノを人種差別で非難

現在のUFCフライ級チャンピオンのデイブソンフィゲレドは、ブランドンモレノと4回連続で戦うのではなく、カイカラフランスと戦うことを好む理由を組織の経営陣に説明しました。

「親愛なるダナ・ホワイト、あなたが私、私の家族、そして私の国に与えてくれた機会に感謝したい」とブラジル人はソーシャルメディアに書いた。 「あなたは私がいつでもどこでも誰とでも戦う準備ができていることを知っています。 だからこそ、ファンが望んでいることを知っているので、ブランドン・モレノと4度目の戦いをしたかったのです。」

「それは、モレノチームが人種差別主義者のコメントで一線を越えるまででした。 彼らは私を猿と呼び、私の猿の顔をフォトショッピングするところまで行きました。 この点で、世界チャンピオンとして、私はUFCに私の願いを考慮に入れるように頼みます-私は彼のタイトルショットに値するカラフランスと戦いたいです。 #stopracism #weareunited

先週、フィゲレドとモレノの4回目の戦いが7月に行われているという情報がありましたが、先週末、カラフランスはアスカーアスカロフを破り、ブラジル人の即時の同意を得てチャンピオンに挑戦しました。

評価