テイラーの最後の放棄されたベルトは、2月に新しい所有者を見つける – 詳細

taylors-last-abandoned-belt-will-find-a-new-owner-in-jpg

スーパー ライト級の元絶対王者ジョシュ テイラー (19 勝 0 敗、13 KO) はスコットランド出身で、義務的な防御をしたくないため、3 つのベルトを拒否しました。 彼の優先事項は、物議をかもしたが 2 月に敗北したイギリス人のジャック キャタロール (26 勝 1 敗、13 KO) との再戦です。 噂によると、来年2月に同じ場所で第2戦が行われるという。

その間、テイラーのベルトは長い間所有されていませんでした. 8 月にはドミニカ共和国のアルベルト プエッロがロシアの (?) ボティルゾン アフメドフを物議をかもして破り、11 月にはアメリカのレジス プログレが WBC チャンピオンになり、同胞のホセ セペダを鮮やかに破りました。

によると
インサイダー IBFのベルトオーナーであるサルバドール・ロドリゲスが間もなく決定する。 アルゼンチンのジェレミアス ポンセ (30 勝 0 敗 20 KO) とプエルトリコのサブリエル マティアス (18 勝 1 敗 18 KO) の再試合は、2 月 11 日にミネソタ州 (米国) で行われます。

オープニングでは面白い戦いが繰り広げられます。 バンタム級の 2 回目のリミットでは、無敗の見通しが収束します – メキシコのケビン ゴンザレス (25-0-1、13 KO) と
ルーベン・ミサ (15-0、10 KO)プエルトリコから。

その間、英国ではテイラー対ロペスのスーパーファイトが準備されています。 Arum はそのアイデアを気に入っていますが、「しかし」が 1 つあります。

評価