チャールズ・オリベイラ:「マカチョフと戦いたくなかったが、避けられなかった」

Charles Oliveira:

元UFCライト級王者のチャールズ・オリベイラは、イスラム・マカチョフと空位のタイトルを争うことになるが、彼のチームはロシアのファイターとの対立を避けようとしたが、長い交渉の結果、組織の指導者の決定に従わざるを得なかったと語った.そして戦いを受け入れる。

「私はマカチョフと戦いたくありませんでした。誰もがそれを知っていました」とオリベイラは、ブラジルの YouTube チャンネル PVT とのインタビューで語った。 「次の試合で大金を稼ぎたかった。 しかし、私がUFCの従業員であることは誰もが知っています。 あなたはそれを避けることはできません。 あらゆる角度から交渉を試み、中立国であるニューヨークで試合をしたかったのですが、最終的にはアブダビで戦うことになりました。 でも正直なところ、ケージは世界中どこでも同じです。」

10月22日にアブダビで開催されるUFC 280トーナメントでは、チャールズ・オリベイラとイスラム・マカチョフの空いているUFCライト級王座を賭けた戦いが行われることを思い出してください。

.

評価