ダン・フッカー、ボビー・グリーン戦のコンディションを語る

ダン・フッカー、ボビー・グリーン戦のコンディションを語る

UFCライト級9位のダン・フッカーが、先週末にラスベガスで開催されたUFC Fight Night 229で同級10位以内のグラント・ドーソンを33秒でノックアウトし、挑戦してきたボビー・グリーンとオクタゴンをシェアする準備が整った。

ニュージーランド人によると、彼のマネージャーはすでにUFCにイスラム・マハチェフとチャールズ・オリベイラのタイトルマッチを保証しているマテウス・ガムロットとの対戦を手配するよう要請しているが、もしポーランド人が拒否した場合、フッカーはアメリカ人の挑戦を受け入れるという。

「UFCにガムロットとの対戦を申し込んだ」とニュージーランド人はサブミッションラジオに語った。「もしガムロットが12月か1月に僕と試合をしたくないなら、ボビー・グリーンとやる。僕のマネージャーはすでにUFCとコンタクトを取り、僕が戦う準備ができていることを伝えている。ガムロットがじっと待っているつもりなら、僕は黙っているつもりはない。アクションを起こす準備はできている”

「ドーソンは脅威だったが、ボビーが出てきて彼を倒した。10番を倒したボビーは、おそらく彼のポジションを奪うだろう。試合後、マネージャーに電話して、もしガムロットが拒否したらグリーンと戦う用意があると伝えた。

更新されたUFCランキングによると、ボビー・グリーンはライト級13位にランクされ、グラント・ドーソンは5ランクダウンし、ライト級トップ15にランクされている。

ダン・フッカーは現在2連勝中で、クラウディオ・プエレスにテクニカルKO勝ち、ジャリン・ターナーにスプリット判定勝ちしている。

評価