ダニエル・コーミエー、ジョン・ジョーンズの負傷は奇妙だとコメント

ダニエル・コーミエー、ジョン・ジョーンズの負傷はおかしいと発言

ジョン・ジョーンズの負傷映像を見た元UFCダブル王者のダニエル・コーミエーは、現UFCヘビー級王者が単純なレスリングで大胸筋を断裂することが理解できないようだ。

“彼が負傷したことは不幸なことだが、何か奇妙な感じがした “とコーミエは自身のYoutubeチャンネルに投稿されたビデオで語った。「|にできるようにあなたがそれをすることができます本当に出くわすことあなたは、実際には私のパートナーとi約束、誰でも素早くはちょうど無視これらの一見正確にどのように{}人のことを忘れることができます。単純なレスリングで胸の筋肉が切れるなんて見たことがない」。

「ジョーンズはレスリング経験者かもしれないが、レスリングが好きなわけではない。ジョーンズはレスリングの経験があるかもしれないが、シリル・ギャングがテイクダウンをディフェンスできないことを知っているなら、その作業にどれだけの時間を費やすつもりなんだ?それしか考えられない。”

前日、UFCのダナ・ホワイト代表は、ジョン・ジョーンズとスティープ・ミオシッチの一戦の中止と、11月11日にニューヨークで開催されるUFC295で、ロシアのセルゲイ・パブロビッチとイギリスのトム・アスピナルが対戦する暫定ヘビー級王座決定戦の開催を発表した。

手術を受けるジョーンズは、少なくとも8カ月は離脱し、復帰後にミオシッチと戦うと伝えられている。

評価