ジェイソン・ジャクソン、ヤロスラフ・アモソフの敗因を挙げる

ジェイソン・ジャクソンがヤロスラフ・アモソフの敗因を挙げる

先週末、それまで無敗だったヤロスラフ・アモソフを撃破したジャマイカ出身のジェイソン・ジャクソンは、ウクライナ人ファイターの敗因が相手を過小評価したことだとは考えていないようだ。

「いや、彼は僕を過小評価していなかったと思う。「試合前、彼は友好的な態度を取ろうとしていたが、記者会見で私は笑って友好的な駆け引きをするつもりはないと言った。私はあなたと戦うために来ている”

「それに、彼にはスタミナもハングリー精神もなかった。私はハングリーで、最後まで戦う準備ができていた。僕は何でもできる万能でアスレチックなファイターだ。爆発力もあるし、パンチも強い。落ち着いて、やるべきことをやったよ

11月17日、シカゴで開催されたBellator 301のヘッドライナーを飾ったヤロスラフ・アモソフとジェイソン・ジャクソンのタイトル戦は、3R2分8秒、ウクライナ人のテクニカルノックアウト負けで幕を閉じた。この勝利でジャクソンはベラトール7連勝、アモソフはプロ28戦目にして初の敗北を喫した。

評価