ケビン・ホランド、マイケル・ペイジ戦について明言

ケビン・ホランド、マイケル・ペイジ戦について明言

UFCウェルター級12位のケビン・ホランドが、次戦の対戦相手が世界最強リーグと交渉最終段階にある英国人マイケル・ペイジという情報についてコメントした。

“ヨウ、ケブ、お前は戦うのか?”ってみんなに聞かれ続けているけど、僕は試合のオファーを受けていないんだ」とアメリカ人はソーシャルメディアに投稿されたビデオで語った。”ファイトのオファーはないけど、僕はバカだから、僕が何を答えるか事前に分かっているんだ。”

この試合は、ポッドキャスト『FULL SEND』の別エディションで垣間見たUFCのトップ、ダナ・ホワイトのオフィスのスケジュールの壁で発見された。カレンダーから判断すると、ホランド=ペイジ戦は1月20日にトロントで開催されるUFC297大会の一部となる見込みだ。

UFCの関係者は、この情報についてのコメントや、元Bellatorウェルター級王座挑戦者との契約をまだ確認していない。

マイケル・ペイジ(36歳)は今年3月、ベラトールとの現契約下での最後の試合を行い、日本人の山内剛一を26秒、テクニカルノックアウトで下している。これで、ベラトール暫定王座決定戦でスプリット判定負けを喫したローガン・ストーリーの敗戦をクローズアップした。2019年、MVPはドウグラス・リマから現王座を奪取しようとしたが失敗し、ブラジル人に2ラウンドでノックアウト負けした。

ケビン・ホランド(31歳)は前回の試合で、今年9月にジャック・デラ・マッダレーナに物議を醸すスプリット判定負けを喫している。それ以前は、サンティアゴ・ポンジニビオをノックアウトし、マイケル・キエーサをチョークで仕留めるなど、早い段階で2勝を挙げていた。

評価