オリベイラ・チームがマハチェフとの試合日程を2つ発表

オリベイラ陣営がマハチェフ戦の2つの日程を発表

元UFCライト級王者チャールズ・オリベイラは、ラマダン前にイスラム・マハチェフと対戦することを期待し、3月9日に開催されるUFC299のカードがタイトル戦で埋まることを望んでいる。

ブラジリアンのヘッドコーチであるディエゴ・リマがSherdogのインタビューに答えている。

「チャールズはラマダン前の3月にマハチェフとの再戦を望んでいる。「でも、UFCがラマダン明けまで待てというなら、そうするよ。急いではいない。僕らにとって一番重要なのは、チャールズが次にイスラムと戦うことなんだ”

UFC299で試合が行われなかった場合、ブラジリアンは5月4日にリオデジャネイロで開催されると噂されているUFC301でロシア人と対戦する用意がある。

“3月のトーナメントが最優先だが、チャールズは同胞の前でベルトをかけて戦うことを長い間夢見てきた。オマリーとヴェラ戦はすでにUFC299のメインイベントとして発表されており、UFC300ではおそらくマクレガーvsチャンドラー戦が組まれるだろうから、5月のUFC301大会は良い選択肢になるかもしれない”

思い起こせば、10月21日にアブダビで開催されるUFC294では、イスラム・マハチェフとチャールズ・オリベイラの再戦がヘッドライナーを務める予定だったが、大会2週間前にブラジリアンが解離を起こし、試合を棄権、すでに1Rでロシア人にノックアウト負けを喫しているアレキサンダー・ヴォルカノフスキーに王座挑戦を譲った。

評価