エドゥアルド・ヴァルタニアンがUFCから権利放棄を受ける

エドゥアルド・バルタニアンがUFCから拒否された

ACAライト級グランプリの覇者エドゥアルド・バルタニアンは、少し前までUFCとの交渉について熱く語っていたが、世界最強リーグと契約できる可能性が低くなった。

「僕はここにいるし、出てくる準備はできている。でも、彼らは僕と契約したがらないんだ。 “ウシャタイカ”.「ロシアにいた私の過去は、ここでは何の役にも立たない。知らなかったとは言わないけど」。

「ここアメリカでは、7勝3敗でも5勝2敗でも、ここで戦っていれば面白いことになる。アメリカのテリトリー以外で何をやったかなんて、まったく関係ない。どこかサイドで試合をしたり、コンテンダー・シリーズに出たりすることもできるだろうけど、私はそれを目指さない。現時点では、UFCと契約する可能性は10%だと予想している”

一方、バルタニアンは、金銭的な条件はなく、最低限のギャラを受け取るルーキーとしてUFCデビューする意思があると主張している。

“金銭的な条件はない-彼らはルーキーとして僕と契約することさえ望んでいない。僕に関する限り、すべてはマッチメイカーのショーン・シェルビー次第だ。彼はすでにたくさんの電話をもらっているし、僕の話は聞き飽きただろう。トレーニングは続けているし、ライト級とウェルター級の両方で代役を務める準備はできている。あと2カ月はアメリカにいる。

今年6月、32歳のエドゥアルド・バルタニアンはグランプリ最終戦でカザフスタンのアルテム・レズニコフを3ラウンドにテクニカル・ノックアウトで下し、連勝記録を8試合に伸ばした。決勝戦に勝ち進む途中、”ライオンハート “は南アフリカのアラン・イルンガと同胞のユスフ・ライソフに早い段階で勝利している。

評価