イスラム・マハチェフの次戦の日程と場所が発表された。

イスラム・マハチョフの次戦の日程と場所が発表された。

現役UFCライト級王者イスラム・マハチェフが、3月2日にリヤドで次のタイトル防衛戦を行う可能性が非常に高い。

情報筋によれば、このロシア人選手の試合は、同団体にとってサウジアラビアでの初イベントとなる同大会のメインイベントとして予定されているとのこと。この興行は、同団体の代表によって先に正式に発表された。

その前夜、ロシア人ファイターは、10日から始まる聖なるラマダン(断食月)前にオクタゴンに戻る準備ができていることを確認した。また、UFCチャンピオンは、来年は3試合を行い、そのうちの1試合はアメリカ国内で行う予定であると語った。

ロシア人選手と対戦する主な候補者はブラジル人のチャールズ・オリベイラで、10月21日にアブダビで開催されるUFC294で彼と対戦する予定だったが、解離を起こし、アレキサンダー・ヴォルカノフスキーにタイトルショットを奪われ、同大会を欠場した。その結果、イスラム・マハチェフはオーストラリア人を1Rでノックアウトし、ベルト防衛に成功した。

しかし、ロシア人ライト級の対戦相手が、階級ランキング2位でBMFタイトルを保持するジャスティン・ゲーチェ(アメリカ)になる可能性もある。

評価