アルマン・ツァルキアン:「オリベイラよりも良いパフォーマンスができた。

ベニル・ダリウシュをチャールズ・オリベイラの4倍のスピードでノックアウトしたアルマン・ツァールキヤンは、タイトル・レースでブラジリアンを上回り、現UFCライト級王者イスラム・マハチェフの次の対戦相手になることを期待している。

「シャルル・オリヴェイラが彼をノックアウトし、もし僕が判定で勝っていたら、どうやってタイトルマッチを戦うんだ?「でも、僕はチャールズよりも早く彼をノックアウトしたし、彼はチャールズのように僕を動かすことはできなかった。私はオリベイラよりも良いパフォーマンスを見せた。シャルルにはすでにチャンスがあった。

“もしタイトルマッチがなかったら、次のことを考えなければならない。でも、タイトルマッチをやってほしい、それだけだ。”

元UFCライト級王者のチャールズ・オリベイラが今年6月、ベニル・ダリウシュを1R4分10秒のテクニカルノックアウトで仕留め、王座のトップコンテンダーとなり、アルマン・ツァルキヤンはアメリカ人を64秒でノックアウトした。ツァルキヤンは2019年にもマハチョフと3ラウンド戦い、同胞に判定で敗れ、ブラジリアンは昨年10月のタイトルマッチでロシア人に腕ひしぎ三角絞めで敗れている。

思い起こせば、10月21日にアブダビで開催されるUFC294では、イスラム・マハチェフとチャールズ・オリベイラの一戦がヘッドライナーを飾るはずだったが、試合の2週間前にブラジリアンは解離を起こし、ロシア人が1Rでノックアウトしたアレクサンダー・ヴォルカノフスキーに王座決定戦を奪われている。

評価