「蝶のように飛ぶ、APUのようにf**k。」 薄い口ひげの新しい写真

a-jpg

ポーランドのリングへの復帰の準備を続けているIBF/WBO / WBA世界ヘビー級タイトル(90.7 kg以上)Oleksandr Usyk(19-0、13 KO)の所有者が新しい写真に登場しました。 ウクライナ出身のボクサーの妻がInstagramに投稿しました。

写真から判断すると、アゼルバイジャン国境軍と他のウクライナ国防軍の戦闘機は、アンソニー・ジョシュア(24-2、22 KO)との再戦を希望する旗をウシクに手渡した。

「蝶のように飛ぶ、APUのようにf ** k」と言い換えると、
ホットトピック モハメド・アリの友人であるドリュー・ “バンディーニ”・ブラウン(「蝶のように浮かび、蜂のように刺す、あなたの手はあなたの目が見えないものに当たらない」)による表現。

「奴隷は天国に入ることが許されていない」と「あなたがウクライナ人であることを忘れないでください」が横から見ることができます。

67e29dff9c88ca3cb3f79fff4657c2cb

Usykは自分のためではなく、ウクライナのために結婚します。 民主主義の世界全体のために-Krasyuk

cda914cdb02a4f75374170e062b300e5

Usyk-JoshuaIIの戦いは7月23日に予定されています。 それはおそらく中東で行われるでしょう。

2021年の秋に行われた最初の会議で、アレクサンダーは裁判官の全会一致の決定により、アンソニーを事実上分類解除しました。 それは何かでした。 ウシクはジョシュアを破った

強力なプロモーターのエディー・ハーンは、フューリーが12月のウシク-ジョシュア再戦の勝者と戦うと信じています。

ボクシングと総合格闘技の世界からの最も興味深いニュースを見逃さないために、で私たちを購読してください
フェイスブック
グーグルニュース

評価