「理由は説明できない…」 マイキー・ガルシアがスペンス-クロフォード戦で本命を選んだ

i-cant-explain-why-mikey-garcia-chose-the-favorite-in-png

4つのカテゴリーの元世界チャンピオンで、すでにキャリアを終えたマイキー・ガルシアは、現在のウェルター級チャンピオン(最大66.7 kg)のアメリカ人のエロール・スペンス(28-0、22 KO)とテレンス・クロフォード( 38-0、29 KO)。 )。

2019 年 3 月、マイキーは第 5 ディビジョンを制覇しようとしたエロールに対してボクシングを行い、圧倒的な判定で負けたことを思い出してください。

ガルシアは「勝率が同じでもタフな戦いになると思う」と語った。 「今日の時点でどちらかを選ばなければならないとしたら、クロフォードを支持するだろう。 彼はそれほど多くはないと思いますが、(戦いが進むにつれて)適応することができます。 スペンスは距離を取るのが得意で、小さな短い動きで距離をコントロールできます。 どちらかを選ぶのはちょっと難しいですが、おそらくクロフォードが(引き継ぐのは)だと思います。」

「どちらも一流で、それぞれにパワーがあります」とマイキーは続けます。 「しかし、クロフォードとスペンスはどちらも頭が良すぎてノックアウトできません。 とてもテクニカルな戦いになると思います。 ええと、クロフォードを支持して、私はおそらく純粋に本能的に傾向があります. これは、理由を説明できない 1 つのケースです。 非常に接戦です。」

クロフォードは最近スペンスに出くわした。 あなたは彼がそんなに怒っているのを見たことがありません。

ソース:
ファイトハイプ

ソース: https://vringe.com/news/160168-mayki-garsiya-vybral-favorita-v-boyu-spens-krouford.htm?rand=141343

評価